ゆるずぼ!ダイエッター

ゆる~くずぼらなダイエット

脂肪を燃やす成分カルニチンとは?

今、新型コロナウイルスで自粛を強いられたため太ってしまい、健康維持のためにダイエットや筋トレをする人も多いだろう。

そこで、カルニチンという成分を知っているだろうか?

カルニチンは肉や魚など動物性の食べ物に多く含まれる成分で、特に牛肉や羊肉などの赤身肉に多く含まれる。

このカルニチンはダイエットや筋トレに効果があると言われている。

では、どのような効果があるのか?

このページではこれを簡単に説明する。

脂肪は、分解されて脂肪酸という物質になりミトコンドリアまで運ばれて燃焼されるが、カルニチンには脂肪酸ミトコンドリアまで運ぶ働きがある。

そのため、カルニチンには脂肪燃焼を促進させる働きがあるのだ。

また、筋肥大を促すテストステロンというホルモンの働きをサポートする働きもある。

テストステロンが筋肉に働きかけるには、細胞にあるアンドロゲンレセプターという器官とテストステロンが結びつく必要がある。

カルニチンはそのアンドロゲンレセプターを増やす働きがあるため、間接的に筋肥大を促す効果があるのだ。


良ければ下のバナーよりブログ村読者登録お願いいたします。

理系学生の分析ブログ - にほんブログ村