ゆるずぼ!ダイエッター

ゆる~くずぼらなダイエット

【気にしなくてもOK!】ダイエットの停滞期とは

 

こんな事を思ったことはありませんか?

  • ダイエットの停滞期で挫折してしまう
  • 体重が落ちなくなり嫌になる

f:id:rikei_bunseki:20201212234824j:image

ダイエットを行うと体重が落ちづらくなる停滞期が付き物だと思います。

 

その停滞期が原因で挫折してしまう人も多いでしょう。

 

このような悩みを考えていきたいと思います。

 

停滞期を乗り切って

ダイエットに成功する方法をご紹介します。

 

この記事を書いた人

f:id:rikei_bunseki:20201209155935p:plain

今年4月の体重77.4kg→3ヶ月で-10kg達成

本や論文を読み漁りダイエットや健康に関する知識を獲得し、その情報を発信してます。




rikei-bunseki.hatenablog.com

 

ダイエットの停滞期の注意点

f:id:rikei_bunseki:20201212234851j:image

まず、停滞期の注意点ですが、いくらダイエットが上手くいかなくても途中で辞めないでください。

 

そもそも停滞期とはホメオスタシス機能」によるものなのです。

 

ダイエットで体重を減らすと、体が飢餓状態だと判断してこれ以上体重を減らさないように代謝量を下げたりしてからだの機能を調整します。

これを「ホメオスタシス機能」と言います。

 

つまり、停滞期では代謝量などが落ちている状態なのです。

 

この状態でダイエットを止めてしまって元の生活に戻ると今まで以上に太りやすくなります。

さらに、今まで以上に痩せづらくなります。

 

停滞期の途中にダイエットを止めないようにしましょう。

 

では、ホメオスタシスによって痩せづらくなってしまったらどうすればいいのでしょうか?

詳しく説明します。

 

停滞期を乗り切る方法

f:id:rikei_bunseki:20201212234935j:image

停滞期を乗りきるにはチートデイを取り入れると効果的でしょう。

 

チートデイは普段の食事量を減らして停滞期がきたら食事量を一気に増やして「飢餓状態ではない」と体に思い込ませる方法ですね。

食べて痩せるチートデイとは? - 理系学生の分析ブログ

 

この方法の注意点としてはチートデイを取り入れすぎないということですね。

 

チートデイを取りすぎたら摂取カロリーが多くなりすぎて、当然太りやすくなります。

チートデイの間隔としては、頑張ってるのに体重が落ちなくなるという日が3日くらい続いたらという感じでいいでしょう。

 


ブログ村読者登録はこちら

理系学生の分析ブログ - にほんブログ村

よろしければtwitterとnoteもやってますのでフォローお願いします