ゆるずぼ!ダイエッター

ゆる~くずぼらなダイエット

無理なダイエットの影響【太ってた方がマシ】

 

こんな事を思ったことはありませんか?

f:id:rikei_bunseki:20210109111714p:plain

無理なダイエットはどんな影響が出るのか

ダイエットはどんな食事をすればいいのか

など思ったことはありませんか?

 

ダイエットではやりすぎは良くないという話を聞いた事はありませんか?

 

しかし、早く痩せたい、早く体を引き締めたいなどの思いから無理なダイエットをしてしまう人は多いと思います。

 

このような悩みを考えていきたいと思います。

 

過度なダイエットの影響と

健康的なダイエットの方法をご紹介します。

 

この記事を書いた人

f:id:rikei_bunseki:20201209155935p:plain

今年4月の体重77.4kg→3ヶ月で-10kg達成

本や論文を読み漁りダイエットや健康に関する知識を獲得し、その情報を発信してます。




rikei-bunseki.hatenablog.com

 

無理なダイエットの影響

実は、過度なダイエットは失敗しやすく、健康に悪影響を与えてしまう危険性があります。

 

無理なダイエットをしてしまうと栄養やカロリーが不足してしまい、筋肉が落ちてしまいます。

筋肉が落ちると代謝が落ちてしまい、痩せづらく太りやすい体になってしまいます。

 

また、栄養も不足している状態なので体調にも悪影響を及ぼす可能性があります。

 

例えば、ダイエットの敵だと思われてる脂質が不足してしまうと肌荒れや便秘などの原因となってしまう場合があります。

摂りすぎると良くありませんが、不足するのもよくありません。

 

 

健康的なダイエット

健康的なダイエットで気をつけるべきは主に2つですね。

 

それが栄養バランスと食べる量です。

 

栄養バランスはPFCバランスと呼ばれるタンパク質、脂質、炭水化物のバランスを整えることが基本です。

 

厚生労働省では食事全体のカロリー量との割合がタンパク質では13~20%、脂質が20~30%、炭水化物が50~65%という量を目標量として定めています。

この目標量は生活習慣病予防を避けるための指標として使われています。

 

 

ダイエットではこの量よりもタンパク質の量を増やし、脂質と炭水化物の量を少しずつ減らすように設定すると綺麗に痩せられるでしょう。

 

そこにビタミンや食物繊維などの栄養素をプラスしていくという形がいいでしょう。

 

食べる量は自分の基礎代謝量を参考に決めるといいですね。

 

基礎代謝量については自分の過去の記事を参考にしてみてください。

【基礎代謝量とは何?】基礎代謝量の上げ方

 

ちなみに、PFCバランスを整えた食事管理をしたいならB-Kitchen がおすすめですね。

 

簡単にダイエットに使える食事管理ができるので時間の節約になりますよ。

→申し込みはこちら

 

 


ブログ村読者登録はこちら

理系学生の分析ブログ - にほんブログ村

よろしければtwitterとnoteもやってますのでフォローお願いします