ゆるずぼ!ダイエッター

ゆる~くずぼらなダイエット

ダイエット中の自分へのご褒美は【危険信号!】

 

f:id:rikei_bunseki:20210218224639p:image

 

f:id:rikei_bunseki:20210307144211p:plain

自分へのご褒美をした経験はありませんか?

 

日頃から頑張ってる自分に対して、少しだけ贅沢したり、ご褒美をしたことはありませんか?

仕事や家事などで頑張ってる自分の疲れを癒すために自分へのご褒美をする人もいると思います。

 

その中にはダイエットの食事制限や運動を頑張ってる自分に対してご褒美をする人もいるみたいです。

これはどうなのでしょうか?

 

実は、ダイエットでの自分へのご褒美は危険な場合が多いので注意が必要です。

 

今回はこれらを考えていきたいと思います。

 

ダイエット中の自分へのご褒美が危険な理由をご紹介します。

 

この記事を書いた人

f:id:rikei_bunseki:20210307143902p:plain

今年4月の体重77.4kg→3ヶ月で-10kg達成

本や論文を読み漁りダイエットや健康に関する知識を獲得し、その情報を発信してます。




rikei-bunseki.hatenablog.com

 

ダイエットでの自分へのご褒美

 

では、なぜダイエット中の自分へのご褒美が危険なのでしょうか?

 

自分へのご褒美が危険な理由

 

f:id:rikei_bunseki:20210219212337p:plain

 

 

ダイエット中は好きな物が食べられなかったり、運動を頑張らなきゃいけなかったり、何かと我慢が必要になってきます。

そのため、ストレスが溜まってしまう場合が多いです。

 

最初のうちは大丈夫かもしれませんが、だんだんとストレスが蓄積されていってしまいます。

その蓄積されたストレスは「あるきっかけ」により暴走してしまう危険性があるのです。

 

f:id:rikei_bunseki:20210307143902p:plain

その「あるきっかけ」こそが自分へのご褒美なのです。

 

ダイエットでの食事制限などで溜まったストレスを解消しようとして自分へのご褒美を行うと、一気にストレスが発散され食べすぎてしまう場合があります。

つまり、自分へのご褒美はストレスが溜まった危険信号と捉えていいでしょう。

 

しかもそれだけではなく、もう1つ厄介なことがあるんです。

 

どうにでもなれ効果

 

f:id:rikei_bunseki:20210219212410p:plain

 

 

ストレスが溜まってしまい暴走して食べすぎてしまった結果、「どうにでもなれ効果」という心理効果が起きてしまうことがあります。

これが起きると、ダイエットの挫折どころかリバウンドの危険が一気に高まってしまいます。

 

「どうにでもなれ効果」とは自分の目標や理念などに反する行動を一度でも行ってしまうと、途端に継続をサボりたくなったり止めたくなってしまったりするという心理効果です。

 

f:id:rikei_bunseki:20210307144211p:plain

つまり、ダイエット中に食べすぎると「どうにでもなれっ!」ていう気持ちになりダイエットを投げ出してしまう、みたいなことです。

 

f:id:rikei_bunseki:20210219212446p:plain

 

 

これによって挫折やリバウンドの危険性が一気に高くなるんです。

ダイエットを続けるならこれを避けるのが1番ですね。

 

でも、ダイエット中だとどうしてもストレスが溜まってしまいますよね?

これはどうしたらいいのでしょうか?

 

 

 

危険ではない自分へのご褒美

 

f:id:rikei_bunseki:20210219212510p:plain

 

 

ここまでは自分へのご褒美をすると溜まってたストレスが暴走して食べ過ぎてしまう場合がある、という話をしました。

 

ですが、ダイエット中だとストレスが溜まってしまうのも事実です。

ストレスが溜まってるとダイエットは長続きしにくいです。

 

では、どうすればいいのでしょうか?

実は、ダイエットに効果的な「自分へのご褒美」があるのです。

 

それはチートデイですね。

 

チートデイ

 

チートデイは普段の食事量を少なくして、停滞期に入ったら1日だけ一気に食事量を増やす方法のことです。

 

「普段は我慢して、たまに多く食べる」というのは自分へのご褒美に似てますよね。

 

しかし、チートデイを取り入れることで効率的にダイエットを進めることが出来るんです。

 

停滞期はダイエットによって普段よりも基礎代謝量が下がります。

これによって、体重が落ちづらくなるのです。

 

チートデイは意図的にこの停滞期を作ってから大量に食べる日を作ることで、落ちていた基礎代謝量が元に戻すことができます。

これでまた痩せやすくなるのです。

 

大量に食べるのでストレス発散にも一役買うのでおすすめです。

 

チートデイのやり方は以下の通りです。

 

1.まず、普段の食事の量を減らすことで停滞期を作ります。

停滞期では基礎代謝量が下がるため、普段より体重が減らなくなります。

 

2.停滞期で体重が減らなくなったら、何をどれだけ食べてもいいチートデイを1日作ります。

これによって基礎代謝量が元通りに戻るため、一時的に体重は増えますが痩せやすくなります。

 

このチートデイを活用することでストレスを発散しながらダイエットを続けられます。

 

f:id:rikei_bunseki:20210307144211p:plain

でも、我慢が苦手でチートデイをつかっても挫折しそう...

 

って思う人もいるかもしれません。

 

そんな人は1人でダイエットをしないでライザップなどのプロに頼るのが1番かもしれません。

「我慢が苦手で甘えてしまう...」などと嘆くよりも、行動を起こす方が上手くいきますよ。

 

【RIZAP】

 

まとめ

今回は自分へのご褒美の危険性を紹介しました。

最後にこれをまとめます。

 

ダイエット中はストレスが溜まりやすい状態で、自分へのご褒美はこのストレスを暴走させるきっかけとなる

 

一度食べ過ぎると「どうにでもなれ効果」が起きる場合がある

 

ストレス発散にはチートデイを取り入れるといい

 

こんな風に工夫しながらダイエットを成功させましょう!

 


 

 

 


 

サブブログ

https://baseon.hatenablog.com/

 

twitter